大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

気持ちよく整理しよう

生前整理や遺品整理。気持ちよく整理して楽しむ毎日。

葬儀を支度する人は家族の大代表…。

どんなに周囲の人から聞いたような本に記されているみたいなここがベストとされる場所にしてもいつもお参りできない手を合わせられない、みたいな場所では、意味がないと考えらえます効果がないのです。
葬式や法要などで施料を包みますが袱紗の包み方や宛名の書く方法など定めは存在しますか?
葬儀と告別式とは本来分けて行うもので仏教の儀式では先ず初めに僧侶による読経など実施し、そのあとに告別式、主に家族が故人を見送る会が、執り行われます。
終の家屋で身内だけの法事をされる時戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが心にしっくりくるとしたらそれでも結構なのでは、無いんじゃないかと考えます。
「葬式坊主」と言うことも「葬儀・法事だけをするお坊さん」をからかった言い様だけでなく「葬儀に携わるから穢れている」という訳合を示したりする。

お見送りの刻では皆様方により故人の横に好きな花などを入れて、仏との最終の別れをしてもらい、火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)場へ歩みます。
葬儀にこだわりなどと想像できないと思うかも知れませんがお葬式を考えるにあたり何に関心を持つべきか、と考えることです。
葬儀を支度する人は家族の大代表、地域の代表や関係する集団、オフィスの関係者など、詳しい方のアドバイスを比べて決定するのがいいと思います。
自責の念に駆られない葬儀を行うためにもうっすらとしたもので良いのでこんなお別れをして欲しいなぁ、といった事前イメージを、することが大事なことになるでしょう。
禅宗のお寺などにお勤めした体験のある人だったら把握していると思っていますが、本堂に飛び込むと、奥の如来を配置してある首座や修行僧がお参りするための壇が配置されています。

大切だった人が亡くなったことを認めた上で供養することで集まった家族や友達と、感じ合うことで、悲しみが癒されていきます。
死んだ方の住居の後始末クリーニング、粗大ごみの措置とかの遺品生理は、今までファミリーの方の進行することが通常でした。
終活とはこれからの生を『どんな感じに暮らしたいか』と言われる希望を進行すること、現生のエンディングに対して行動的に用意することで、いけてる生きていく行動です。
とは言っても弔辞を述べる本人にすると緊張するのが現実ですから式の流れに盛り込まれるんであれば、早めに申し込んで、承諾を得るようにしましょう。
対象者・ご家族・勤め先近所の人・ご友人・趣味の範囲を明確に調べ適応した助言と、納得いただけるプランを、ご紹介します。

本人・家族・仕事先近所の方・友人・付き合いのある人をチェックし適切な助言と…。

その昔は通夜は故人の深い関係の人達が終夜仏の傍にいてというのが一般的でしたが、近頃は参列者をお呼びして通夜を執り行い、2時間程度で終わるのが一般です。
交友のあるお坊さんが承認していない、私の家の宗旨宗派が認識がない方は、最初は実家や田舎の人に聞くのが良いでしょう。
お仏壇とは想定されるように仏様結局のところは如来様を手を合わせる壇の事を意味し加えて近年では、命を落とされた肉親や、ご先祖を祀るところという思いが、自然になってきました。
喪家と呼ばれるのはご不幸のあった人達を指す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多々あり喪家は関西地域を主として、採用される、流れがみられると言えます。
ビッグな祭壇たくさんの僧侶いっぱいの参列者を集めたお別れ会だったとしても、冷え冷えとした空気だけしか感じられない葬儀があるし、歴史のある寺院にとてつもないお墓を建てようが、お墓参りをする人がいないお墓もある。

家族の希望を叶えてくれるのは例を出せばご家族本位である葬儀社だといえますしこういった葬儀屋さんは、だいたい、これ以外の部分も。申し分ないと思っていいでしょう。
人知れずひっそりと葬儀を考えていながら高価で派手な祭壇や飾りを提案される場合は、その葬儀社の性質が、不向きです。
だからと言って弔辞を述べる本人からすると落ち着かなくなるものですから式の順番に組み込まれるなら、早めに相談させてもらい、承認を得るようにしましょう。
それなりのお葬式を行うのであればやっぱり相当の強いられてしまいますが、色々と算段すれば、100万円程は、削ることが可能です。
本当なら死んだ人に添付される称号じゃなくて、仏道修行を行った、出家者に伝授されるものでしたが、この頃では、規則通りの儀式などを、参加した普通の人にも、伝授されることになっています。

四十九日法要の時とは異なって日がたっても残る品で大丈夫だといえますし住んでいる場所の風習等によっても、差がありますので、仏具店などでご相談なされるのもデパートなどでお問い合わせされるのも、よろしいと思います。
本人・家族・仕事先近所の方・友人・付き合いのある人をチェックし適切な助言と、納得いただけるプランを、ご提案させていただきます。
家族葬儀の具体的イメージとして自分は『遺族だけの祭事』『遺族と友人だけの葬儀』がほとんどで、家族葬の部門にに連携する同感も様々と言われています。
火葬に相当する職業は大正から僧侶が人々の中に入り込み路肩に捨てられた死体を集め、供養して火葬したことが発端として、『オン坊』と言われたのだろう。
仏は釣りが好きなご主人事情を知っていたことによって旦那さまのために祭壇を海に見立てて、お話しさせていただきました。

仏式では安置は北枕にしますがご遺体の安置のルールについては仏式以外の神式…。

喪家の代表は葬儀式の実務的な面での代表となり大きな役割分担は参列者へのおもてなし、などを行うことです。
古来では通夜式は故人と親しい人たちが夜の目も寝ずに死者の傍にいてというのが一般的でしたが、現在は関係者をお呼びして通夜を施し、数時間で閉式するのが普通です。
家内の親御さんは時宗でそのお位牌を貯蔵するのですが、自分の生活する周辺には臨済宗の寺が存在しません。
近頃は通夜・告別式をかからない直で火葬場でご遺体を納骨を取り仕切る『直葬』を実施する家族が増えています。
葬儀祭典から弔辞を請願した人に差し迫るまで、望まれたら細かなことまで記す事が出来るのが遺言ノートの素晴らしいだともいえます

通常であれば死んだ人に与えてあげる肩書ではなく、仏道修行を慣行した、出家者に与えられるものでしたが、少し前から、不変の儀式などを、実感した普通の人にも、渡されることになっています。
葬儀屋と言われているものは葬儀に不可欠な支度を入手し葬儀をする役割を、任される仕事を行う組織で、葬式を行う事や、その事に就業する人達の事を指します。
最澄の教えを介して常日頃の面倒を除去したり、幸せを祈願する、または、菩薩を通して先人の供養をするのが仏壇の値打ちだと思います。
気持ちの良い葬儀とはお別れに邁進できる葬儀のことですいすいと無事に葬儀を終了することができ、最後のお見送りが出来ることが、良い葬儀だと言えそうです。
家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪市北斎場 火葬については大阪市立北斎場 火葬をご覧ください。記念コーナーに訪問した訪問者の人々が酒好きな○○さんはたらふく飲んでいたなぁ、と申されていて、奥様は驚きました。

遺族の要望を表してくれるというのは別の言い方では業者本意ではない業者だと言い切れますしこういった葬儀屋さんは、多くの場合、違った部分も。優れているんではないでしょうか。
仏式では安置は北枕にしますがご遺体の安置のルールについては仏式以外の神式、キリスト教などの、個々の宗派の特色で習わしが変わっていきます。
密かにひっそりとした葬式を考えていながら高額な飾り付けや派手な祭壇を提案される場合は、葬儀社の考え方針が、そぐわないということです。
満足できる葬式だったと思えるようにもぼんやりとしたものでも良いのでこんなお葬式がいいなぁ、という考え方を、お持ちになると良いでしょう。
家族葬には妥当な骨格はなく家族を集中的に、昔の友人など故人と関係性の強い人が揃って見送る少数での葬儀を指して言うことがだいたいのようです。

世間の人はご家族の後方に席をとり訪ねてきた順にご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族…。

満中陰法要の時と異なり後々に残るものでけっこうだと考えますし地域の慣習等によっても、相違がありますので、仏具店などでご相談されるのも百貨店などでご相談してみるのも、よろしいと考えます。
仏様や仏師に対する様々な概要が記載されており仏像の見識仏像の彫り方、高名な仏師掲載、仏像の種類、入手の仕方、魅力はどこにあるのかなど多々あります。
我が喪主となるのは父母の葬儀主人のお葬式愛息のお葬式ぐらいとなっていて、母のお葬式も三男だから務めないし、子供の葬儀も先立つので喪主はしません。
亡母に資産があり得ないから単独相続は関係ない、わしは何も預かる腹構えはあり得ないので分割相続は関係ない、とはき違えをされる者が大方いるそうです。
且つ式場へ泊まることがたやすくないとき、遠くからの参列者の旅館の準備をしたり、レンタル衣装や着付けなど、葬儀式では色々と急遽とした問題が起きます。

ここ何年かで墓石の制作技量の大きな進歩により設計の自由度が、激しく躍進し、ご自身の墓石を、自ら構想する事が、可能になったわけなのです。
元来お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に喪家代表のご挨拶はなかったですが、j今日日はお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に参列する方が多く、謝辞を言う人も増加しました。
家族葬儀の観念として素人は『ご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族。 恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者・子・父母・祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者・子・父母・孫・祖父母)その他をいう。)だけの祭儀』『家族と友人だけの葬式』が多くいるようで、家族葬のフィールドにに相関する認知も別々と言います。
今までは墓園というと暗く悲しい面影がしましたが、今どきは公園墓地みたいな明々なお墓が多数派です。
葬儀式は寺院の宗教者による授戒(仏門に入る人に戒律を授ける)と引導(彼岸に導くこと)を行う佛式で、基本では近親者が列席していました。

死人を想い葬り去るステージが死者を隣に置いての家族の醜い争いの場になり誰がいったい弔っているのだろうか、と強く頭の中に残っている。
世間の人はご家族の後方に席をとり訪ねてきた順にご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族。 恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者・子・父母・祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者・子・父母・孫・祖父母)その他をいう。)の後方に座って、いただければ、円滑に誘導できます。
主要な人のご危篤を医者から告げられたら、家族や親族や己が会いたい人に、他を差し置いてお知らせしたほうが良いでしょう。
病院で亡くなった事例の時は数時間で業者を決定しさらに当日に数か月分の給料分の、買い物をする必要が出てきます。
民衆的に我々は『法事』と呼びますが、シビアに言うと、坊主にお経をあげてもらうところを「法要」と言って、法要と宴会も含んだイベントを『法事』と指しているそうです。

なお想定外の事態では以前に打ち合わせを…。

病院で旅立たれた時は霊安室から2時間程度で退去を依頼される場合も多く、迎えるための車を支度する急がれます。
一家代表者は通夜式の実務的なところの窓口となり広い範囲の働きとしてはご参加いただいた方への挨拶、などが存在するようです。
家族葬には目に見えた原義はなく親族を重点的に、地域の方など故人と結びつきのある人が顔を合わせ決別する特定数の葬儀を指して言うことが多そうです。
葬儀屋と言われているものは葬儀に重要な支度を手に入れ葬儀を執り行う役回りを、背負う仕事を行う組織で、葬儀を執り行う仕事や、それに就業する人達の事を言います。
納骨堂は大阪府内各地に募集しており各駅から近く便利な寺院や都内から距離のある、静かな寺まで、選択の幅がたくさんあります。

なお想定外の事態では以前に打ち合わせを、行っていた葬儀屋に葬式を要請することが出来てしまうので、現実にと思われる時もゆっくりと適応することが可能です。
お好みの祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式(葬儀には仏式・神式・キリスト教など、宗教宗派による違い、地域による違いがあります。また、無宗教という選択も増えています)の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)多様な僧侶多数の会葬者を集めた葬式だったとしても、シーンとした空気しか感じられない葬儀があるし、由緒あるお寺に威厳あるお墓を建てようが、お参り供養をする人がいないお墓もある。
法事参加の人達に気持ちを浄め聖人の御前に仏になられた往生人をお迎えし、更に心を酌み交わし、ご供養するものだと思っています。
祭祀儀礼は幾度と行うわけじゃありませんので、認識する葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)ががなくて病院が提示してくれた葬儀業者に採用する事があるようです。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要の忌明けまで役立てることが常識にてお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)または葬儀告別式に参列出来なかった人達が、お線香をあげに来られた場合には、ここで手を合わせていただきます。

元を正せば仏様に贈られる称号ではなく、仏道修行を慣行した、出家者に与えたんですが、少し前から、いくらかの儀式などを、実感した一般人にも、伝授されるようになっています。
一家・親類と一定の人々を召喚して、お別れが出来る、催しを、「家族葬」と仰られるようになり、現在では、身近になって、まいったそうです。
妻や大切な人への心の声を告知する帳面として、そのうえ自身のためのデータ清算帳面として、世代に関係なくリラックスしてしたためる事が期待出来る、暮らしの中でも有益なノートです。
近々では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とも言われるががんらい祭祀儀礼を行う建物および、祭祀儀礼を営む施設全般を呼ぶ言い方であり、通夜葬儀のみ行う建物で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言うものも多いです。
祖先に対しての供養ということで身内たちで遂行する事が、良いと思いますが、色々な理由で、行えないケースには、僧侶に電話をかけ、卒塔婆を立てるご供養だけを、お任せする事もあります。

往生者は釣りが趣味だというご主人の話が聞けていたのでご主人を偲び祭壇(祭壇とは…。

施設で亡くなったケースでは霊安室からできるだけ早く移動を押し付けられる状況も多々あり、迎えるための車を準備する必須です。
葬儀屋と言われているものは葬儀に不可欠な用意を所得し葬儀を行う役目を、担う仕事を行う会社で、葬儀を行う商売や、それに就業する人の事を意味します。
我が喪主となるのは父母の葬儀妻のお葬式子供の葬儀式ぐらいで、母のお葬式も兄がいるのでならないし、息子の葬儀式も先に死ぬと喪主はなりません。
初の葬儀を進行する方は不信感が多くなると言えますが葬式は死ぬまでに何回も行うことではないので、たいていの者は新参者です。
往生者は釣りが趣味だというご主人の話が聞けていたのでご主人を偲び祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式(葬儀には仏式・神式・キリスト教など、宗教宗派による違い、地域による違いがあります。また、無宗教という選択も増えています)の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を釣りに見立てて、ご説明させていただきました。

斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とは元来日本古来の神道の用語で祭事・儀式を行う場所を意味をもっていましたが、昨今では、変わって集中的に葬儀・告別式を執り行うことが可能な施設を斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言います。
気持ちの良い葬儀とはさよならに集中出来る葬儀のことですいすいと無事に葬儀を終わらせることができ、最後のお見送りが出来ることが、良い葬儀だと言えるんじゃないでしょうか。
家族葬には妥当な多義はなく家族を集中的に、親しい人など故人と関係の深い人が顔を合わせ見送る少数での葬儀式を指して言うことが多いみたいです。
家族葬の実態として大衆的には『家族だけの葬儀式』『家族と親族だけの葬儀』が多くいるようで、家族葬儀の専門部にに従属する同感も様々のようです。
無宗教のお見送りの儀は自由気ままな一方でいくらかのシナリオを組み立てる、こともありますが、お望みや気持ちをもとに、お見送りの儀を作り上げる、流れが多くみられます。

最近では墓石の製造手法の大きな改良によりフォルムの自由度が、激しく躍進し、あなただけのお墓を、自分で企画する事が、出来ると言うことになったわけなのです。
葬式と告別式とは元来別のもので仏教のお見送りの儀では初めに僧侶による読経等々施し、その次に告別式、主に喪主・家族・親族が故人とお別れする会が、開催されます。
家族代表者はお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)・葬儀の実務的なところの窓口となり大きな役割分担は参列者へのおもてなし、などが考えられます。
現在までは家族の方の手で進行することが普遍的だった普通だった遺品整理ですが、てんやわんやだったり、遺品整理する場所が遠離だったり、遺族の力では賄えないのが現状です。
ふたおやに蓄えがありませんので贈与は関わりない、吾輩は何も受け取る所存はあり得ないので分割相続は関係ない、と先入観をしている当事者が多数いると言われています。

小生らしい死に際を迎えるために祖母が健康を害したり不具合で怪我や事件で発表出来なくなっても旅立ちまでおばあちゃんの考え方をあがめた治療をするでしょう…。

お仏壇とはその名の通り仏様簡単にいうなれば如来様を手を合わせる壇の事を意味しそれに加えここ数年は、命を落とされた身内や、ご先祖を祀るためのものという思いが、自然になりつつあります。
黄檗宗のお寺などにお勤めした経験のある人でしたら存ずると言われていますが、本堂に飛び込むと、最奥部の如来を定置している法座やお坊さんが願懸けするための壇が設けられています。
『終活』という意味は読んだ感じのまま一生のきれいな幕のとじ方であり、老後ライフをもっと粋なすべく事前に手回ししておこうと想像している活動を指します。
徹底して列席者を何人程度化にお呼びしてどの程度のクラスのお葬式を執り行う事をチョイスしたり、故人の思いや希望を考えて、どんな形の葬儀にするかをセレクトしていきます。
仏像や彫る人を想定した十分な知見が記載されていて仏像の感じ方仏像の彫り方、高名な仏師掲載、仏像のシリーズ、所得方法、魅力はどこにあるのかなど多々あります。

葬式の性質や進行すべき点というのは葬儀業者が教えてくれますしご挨拶もテンプレートが存在するので、そこにプラスして遺族の思いをプラスして話をすれば問題ありません。
融通念仏宗ではどちらの菩薩をご本尊様と言ってもどれもこれも仏に結びつくとする経典だと言われていますが、死者宅で葬式を葬式をするときは、本尊様として軸を使うことがあります。
仏式(葬儀には仏式・神式・キリスト教など、宗教宗派による違い、地域による違いがあります。また、無宗教という選択も増えています)で行うときは安置は北枕がベストだとされていますがご遺体の安置の方法についてはキリスト教・神式など仏式(葬儀には仏式・神式・キリスト教など、宗教宗派による違い、地域による違いがあります。また、無宗教という選択も増えています)以外の色々な宗教の特色で慣習が変化します。
ボリュームや種別によって信頼が変化することではなく葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)の対応や行動様々な対応で、見極めることが大事です。
母屋で身内だけの法事をされるケースで戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが胸の中に残るとしたらそれはそれとして問題ないのでは、無いかといえます。

ほとんどの遺族は葬儀を執り行った事がないのでお金はどれくらい必要なの?葬儀屋さんに聞く前に誰かに聞きたい、と不安に感じているようです。
本人・家族・仕事先近隣づきあい・友人・趣味の交友関係を確実に調べしっかりとした詳細を説明し、最良な家族葬プランを、お勧めいたします。
後飾り祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式(葬儀には仏式・神式・キリスト教など、宗教宗派による違い、地域による違いがあります。また、無宗教という選択も増えています)の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)は葬儀を終え白木祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式(葬儀には仏式・神式・キリスト教など、宗教宗派による違い、地域による違いがあります。また、無宗教という選択も増えています)の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を終結した後に遺影写真・遺骨・位牌と呼ばれるものを仏間に安置しておくための祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式(葬儀には仏式・神式・キリスト教など、宗教宗派による違い、地域による違いがあります。また、無宗教という選択も増えています)の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)のことを指します。
祭祀儀礼は度々体感することじゃありませんので、把握している葬儀業者ががほぼなくて病院が示してくれた葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に用いる事がよくあります。
小生らしい死に際を迎えるために祖母が健康を害したり不具合で怪我や事件で発表出来なくなっても旅立ちまでおばあちゃんの考え方をあがめた治療をするでしょう。

大阪で家族葬をしたい。だけど、家族葬がどんなものなのかは知らない。費用は出切るだけ抑えたい。お寺との付き合いはないので、どうすればいいのかわからない。家族と親族と親しい人数名でお葬式を考えている。葬儀の準備や流れを教えてほしい。葬儀の費用や火葬場の費用。お布施のことも全く知らないので教えてほしい。大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、大阪市立北斎場をご覧になってください。手順が分かりやすく紹介されています。